Rails技術者認定試験の上位資格である「Rails4シルバー試験」、本日より予約開始

02.02

Pocket

Rails技術者認定試験の上位資格である「Rails4シルバー試験」、本日より予約開始
~2015年6月末までの不合格者は無料で再受験も可能~
~無料のスクール支援プログラムと認定教材プレゼントキャンペーンを開始~


Rails技術者認定試験運営委員会(事務局所在地:東京都世田谷区、委員長 吉政忠志 以下Rails技術者認定試験運営委員会)は本日より新試験「Rails4技術者認定シルバー試験」の受付を開始し、12月5日より本試験を全国100か所の全国のオデッセイ コミュニケーションズCBTテストセンターにて実施することを発表いたしました。なお、2015年6月末までに受験された方で不合格になった場合、無料再受験ができる無料再受験チケット・プログラムを実施いたします。また、認定スクールプログラムを改定し、無料で参加できるシルバー認定スクールプログラムを開始します。また、インプレスより認定教材「徹底攻略Rails4技術者認定シルバー試験問題集」が12月4日から発売され、試験センターであるオデッセイ コミュニケーションズより先着100名に認定教材プレゼントキャンペーンが展開されます。

■Rails 4 技術者認定シルバー試験概要
名称  Rails 4 技術者認定シルバー試験
目的    Ruby on Railsの専門知識の習得を評価できる本試験により、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ること
対応バージョン    Rails 4.0
種別    シルバー試験:Ruby on Railsの実務で使えるコーディング力を問う試験
受験料金 シルバー試験12,000円/回(税抜)
試験開始時期(予定)
    2014年12月2日 予約受付開始
    2014年12月5日 試験開始
試験会場    
    全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場(CBT)
設問数 40問
試験時間 1時間
合格基準 7割正解
出題形式 選択式(単一または複数選択)

シルバー試験出題範囲(案)

項目

出題割合

1. Rails概要

Railsの各コンポーネント(ActiveRecordやActionPack)の説明や、MVCにおける基礎的な知識

ディレクトリ構造の説明

rake, railsコマンド

ActiveSupport

10%

2. ActiveRecord

ActiveRecordの構造

モデルの定義

リレーション

バリデーション

CRUD操作

スコープ

マイグレーション

40%

3. ルーティングとActionController

config/routes.rb

RESTとコントローラ

コントローラとデータの入出力

メディアタイプに合わせた出力フォーマット

フィルタ

20%

4. ActionViewとヘルパー

ERBによるHTMLの出力

JSONの出力

ヘルパー

15%

5. ActionMailer (メール)

メールの送信

5%

6. テスト

ユニットテストにおけるテスト手法

モデルのテストとコントローラのテスト

10%

<補足>

・上記の詳細は試験Webサイトで公開し、公式Twitterアカウント「@railscp」にて通知する予定です。
・gem install rails –version=’~>4.0′ でインストールされる範囲のみを出題する。プラグイン、rubygemsは出題範囲には含めない。
・前提OSはUnix系だが、基本的にはOSに依存しない出題とする。
・本試験では実行環境については問わない。

申し込み方法と無料の再受験チケットについては以下をご覧ください
http://cbt.odyssey-com.co.jp/railscp.html

■新スクールプログラム
現行の認定スクールプログラムに加え、エントリー向けのスクールプログラム「推進スクール」プログラムを以下の通り実施いたします。
参加条件
・所定の申請書を提出すること
・Rails技術者認定試験に対応したコースを自社Web上で公開し、募集すること
・実施するコースに対応した認定資格者が講師をすること
参加料金
・無料
特典
・推進スクールリストへの掲載
・推進スクール認定証(ペーパー)の提供
・セキュリティ教材の無料使用
・新コース開催時の公式Web、公式Facebook、公式Twitterでの掲載
・スクールフラグの提供(1本)

詳細は以下をご覧ください。
http://www.railscp.org/school/

■不合格者の再受験の方法
期日:2015年6月末までに不合格になった方
無料再受験の権利:有料受験1回の不合格につき、1回の無料受験が可能です。
詳細は以下のページをご覧ください。
http://cbt.odyssey-com.co.jp/railscp.html

■インプレス「徹底攻略Rails4技術者認定シルバー試験問題集」
定価 ,300+税
発売日 2014年12月4日
総頁 272頁
サイズ A5判
著者:株式会社システムシェアード 山田裕進 著
編集者:株式会社ソキウス・ジャパン 編
ISBN 978-4-8443-3723-2

■インプレス「徹底攻略Rails4技術者認定シルバー試験問題集」プレゼントキャンペーン
キャンペーン名称:
Rails4シルバー スタートアップキャンペーン
内容:
Rails 4 技術者認定シルバー試験の「受験チケット 定価12,960円(税込)」と「認定テキスト:徹底攻略Rails4技術者認定シルバー試験問題集 定価3,564円(税別)」のセットを先着100名様に12,960円(税込)で販売。
※受験チケットの有効期限は発行月の6ヶ月後(例:5/20発行→10/31期限)

販売開始
2014年12月4日(木)11:00~
※ご購入方法は12月4日にRails技術者認定試験運営委員会のサイト
http://www.railscp.org/」でお知らせします。

■Rails技術者認定試験運営委員会について
特別協賛会社である日本マイクロソフト株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、Heroku、@ITの支援の下、ヒューマンリソシア株式会社と吉政創成株式会社が運営する試験運営団体です。テクニカルアドバイザーにRuby on Railsの第一人者である松田明氏とプログラマーの小川伸一郎氏、川端光義氏(株式会社アジャイルウェア代表取締役)、増井雄一郎氏、安川要平氏(ヤスラボ 代表)を迎えています。
http://www.railscp.org/

【本件に関するお問い合わせ先】
Rails技術者認定試験運営委員会 事務局(吉政創成株式会社内)
担当:吉政 忠志
http://www.railscp.org/contact/

※本件の詳細資料のお問い合わせなども上記窓口で承ります。
記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

以上

 

関連記事

公式SNS

ページ上部へ戻る