Ruby2.x教材を2015年初夏より無償公開

01.15

Pocket

株式会社トランスネット(本社所在地:東京都千代田区 代表取締役社長 五十嵐 善夫、以下トランスネット)とRails技術者認定試験運営委員会(事務局所在地:東京都世田谷区、共同委員長 吉政忠志 以下Rails技術者 認定試験運営委員会)はRuby市場の拡大を推進するべく、共同でRuby2.xの教材を無償公開することを発表いたしました。Ruby2.x教材は 2015年初夏にベータ公開する予定です。トランスネットRails技術者認定試験運営委員会はRuby2.x教材をRuby市場拡大に少しでも貢献でき るように、以下の条件にて無償で利用できるようにします。Ruby2.x教材の詳細は以下をご覧ください。

◆Ruby2.x教材について
Ruby2.x教材の概要は以下の通りです。

名称:Ruby2.xテキスト(仮)
想定ページ数:400ページ
Rubyのバージョン:2.x.x
教材使用料金:無料
ベータ公開予定スケジュール:2015年初夏
公開場所:トランスネットRuby開発・事例サイト https://www.transnet.ne.jp/
※今後の開発進捗はトランスネットRuby開発・事例サイト公式メールマガジンでお届けします。

◆Ruby2.x教材の無償使用の条件
以下以外は自己責任にて無償使用が可能です。

・教育ビジネスの教材として使用する場合
(但しRails技術者認定試験運営委員会の認定スクールに加入している期間は無償で使用可能)

◆Ruby2.x教材目次構成

0. Ruby環境構築
-Linux
-Windows
-OS X

1. Rubyの概要

2. Ruby基礎
-Rubyの簡単なプログラム
-簡単なメソッド
-文字列
-変数と定数
-条件分岐
繰り返し

3. 基本的な制御構造
-演算子
-条件分岐
繰り返し
配列とハッシュ
-例外処理

4. オブジェクト指向
-オブジェクト
-クラス
-インスタンス
-メソッド
-変数定数
-定数
-モジュール
-Mix-in

5. クラス
-数値クラス
-文字列クラス
-配列クラス
-ハッシュクラス
-正規表現クラス
-入出力
-ファイルとディレクトリ
-TimeとDate
-Proc

【株式会社トランスネットについて https://www.transnet.ne.jp/
トランスネットはRubyアソシエーション 認定システムインテグレータGold、認定クラウドサービス事業者Goldを取得し、Ruby認定技術者や Rails認定技術者の推進をしています。トランスネットでは、RubyやRuby on Railsの業界貢献をするべく、今回のRuby2.x教材の公開を行うに至りました。世界中のRuby開発者に感謝するとともに、Ruby業界の発展に 向けて少しでも貢献できるよう尽力いたします。
【Rails技術者認定試験運営委員会について】
特別協賛会社である日本マイクロソフト株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、Heroku、@ITの支援の下、ヒューマンリソシア株式会社と吉 政創成株式会社が運営する試験運営団体です。テクニカルアドバイザーにRuby on Railsの第一人者である松田明氏とプログラマーの小川伸一郎氏、川端光義氏(株式会社アジャイルウェア代表取締役)、増井雄一郎氏、安川要平氏(ヤス ラボ 代表)を迎えています。
http://www.railscp.org/

※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

以上

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社トランスネット
システム事業部 システム開発 先進技術開発グループ
https://www.transnet.ne.jp/profile/contact/

Rails技術者認定試験運営委員会 事務局(吉政創成株式会社内)
担当:吉政 忠志(電話:080-3079-4441)
http://www.railscp.org/contact/

※本件の詳細資料のお問い合わせなども上記窓口で承ります。
記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

関連記事

公式SNS

ページ上部へ戻る