木村圭宏様のRails4技術者認定ブロンズ試験の合格体験記を公開しました。

04.29

Pocket

◆合格者情報
・お名前:木村圭宏様
・エリア: 関東
・合格試験:Rails4技術者認定試験 ブロンズ試験

Q1:Ruby on Rails経歴年数とRuby on Railsに出会った際の第一印象についてお教えください。

Ruby on Railsの第一印象は「Webアプリケーションってこんな簡単にできるものでしたっけ!?」というものでした。

scafoldコマンドでCRUDが揃った掲示板機能のようなものが一瞬でできて、かつHerokuなどを用いることでインターネット公開も簡単にできてしまうということに驚きました。普段の職業はSEでJavaを用いてWebアプリケーション開発に携わっているのですが、Scafoldで作成される機能でもJavaではもっと色々な手順が必要なため、Ruby on Railsは凄まじいと感じました。

Q2:Rails技術者認定試験を受けたきっかけと勉強方法についてお教えください。

Rails技術者認定試験はRuby on Railsを学習するために通っていたDive into Codeというプログラミングスクールで話を聞き、学んだことがどこまで通用するのか試してみよう思い受験しました。

勉強方法についてはベースとなる部分はDive into Codeで学びました。そこで出される課題に取り組んでいくうちに基礎的な知識が固まっていたのだと思います。足りない知識については書籍「Ruby on Rails4アプリケーションプログラミング」を読むことで補完していきました。

Q3:Rails技術者認定試験を受けて満足していますでしょうか?

満足しています。この試験を受けることをきっかけに足りない知識の補完などを行うことになりました。

機会があればシルバー試験にも挑戦したいです。

Q4:会社からの受験補助や資格手当がありましたでしょうか?
No

Q5:技術者として大事にしていることはなんですか?

技術者として大切にしていることは、技術に興味をもって学ぶことです。

IT技術は便利なものであり面白いものだと思っているので、それを苦しんで学ぶのではなく興味をもって楽しく学んでいくことが大事だと考えています。

Q6:技術者としての今後の計画・夢・目標についてお教えください。

まずはRuby on Railsを用いたWebアプリケーション開発技術を磨いていきます。

そして将来的に自分のコンテンツを思案し、アプリケーションを作成して公開していきたいと考えています。

関連記事

公式SNS

ページ上部へ戻る